土と語る、森の中の美術館 兵庫陶芸美術館 The Museum of Ceramic Art, Hyogo

イベント

登録日:2017年7月16日
特別展「今右衛門の色鍋島-煌めく人間国宝の技と美、そのルーツ」関連事業

講演会/今右衛門の色鍋島の伝統

色鍋島370年の伝統を受け継ぐ名門・今右衛門窯の現当主であり、2014年に陶芸家としては史上最年少の51歳で国の重要無形文化財「色絵磁器」の保持者の認定を受けた十四代今泉今右衛門氏に、色鍋島の伝統や歴代今右衛門に対する思い、「墨はじき」を軸に展開する自作についてお話しいただきます。

 

※詳細は下の〔PDFファイル〕をご覧ください。

■お問合せ・お申込み先:学芸課

 TEL 079-597-3965

 FAX 079-597-3967

  • 開催日時
    平成29年11月4日(土) 14時~15時30分(開場は13時30分)
  • 講師
    十四代今泉今右衛門氏(陶芸作家、重要無形文化財「色絵磁器」の保持者)
  • 場所
    兵庫陶芸美術館 研修棟1Fセミナー室
  • 定員
    110名(事前申込制・先着順)
  • 参加費
    無料(ただし観覧券が必要)
  • 申込〆切
    定員に達し次第終了

戻る