土と語る、森の中の美術館 兵庫陶芸美術館 The Museum of Ceramic Art, Hyogo

展覧会情報

開催中の展覧会

特別展

兵庫県政150周年記念事業 「ひょうごの古陶めぐり-瀬戸内・淡路-」

会期:2017年12月9日(土)~2018年2月18日(日)
 江戸時代中期以降、兵庫県内では各地で窯場が誕生し、瀬戸内や淡路でも、個性溢れるやきものが作られました。本展では、当館でおなじみの東山焼や珉平焼とともに、明石焼や舞子焼、赤穂の雲火焼など、初お目見えを多数含む館蔵品を中心に紹介します。
(上段)
神陶会社《色絵鷺図耳付花瓶(1対)》
(中段)
左:田村福平(淡路製陶)《色絵牡丹図花瓶》
中:東山《染付魚形硯》
右:明石《色絵亀甲文手桶形水指》
(下段)
赤穂《雲火焼茶心壺》

※所蔵は全て兵庫陶芸美術館
展覧会詳細ページへ
テーマ展

2017年度著名作家招聘事業×テーマ展 「松本ヒデオ展-囲み取って賞でる〈陶の風景庭園〉」

会期:2017年12月9日(土)~2018年2月18日(日)
1980年代より現代陶芸の若き旗手として注目され、独自の世界観を示す大型作品で異彩を放つ松本ヒデオ。磁土と石膏型という伝統的な技法を用いつつ、削り片や糸状の土、ガラスなどを組み入れたユニークな造形に迫ります。本展は平成29年度著名作家招聘事業の一環として実施します。
《囲み取って賞でる X》1992 滋賀県立陶芸の森 陶芸館 蔵 photo:Osamu Watanabe
展覧会詳細ページへ
テーマ展

丹波焼の世界

会期:2017年5月27日(土)~2018年3月31日(土)
日本六古窯の一つに数えられ、800年以上の歴史を持つ丹波焼。変化しながらも現代まで続く丹波焼の世界をお楽しみください。
展覧会詳細ページへ

次回の展覧会

特別展

弥生の美-土器に宿る造形と意匠-

会期:2018年3月10日(土)~5月27日(日)
 明治17年(1884)3月、東京帝国大学(現東京大学)裏手の向ヶ岡弥生町(現文京区弥生)の貝塚でひとつの土器が発見されました。縄文土器とは異なるその土器は、発見場所の地名から、弥生式土器と呼ばれました。本展では、全国各地の遺跡から出土した弥生土器に焦点をあて、その造形美や意匠とともに、弥生人のモノづくりの一端を探っていきます。
(右側)
上:《人面付壺型土器》(重要文化財) 
   泉坂下遺跡(茨城県常陸大宮市)出土 
   弥生時代中期 常陸大宮市教育委員会
下:《朱彩壺形土器》(重要文化財) 
   朝日遺跡(愛知県清須市・名古屋市)出土 
   弥生時代後期 愛知県教育委員会

(左側)
上:《壺形土器》 
   板付遺跡(福岡県福岡市)出土 
   弥生時代前期 福岡市埋蔵文化財センター
中:《壺形土器》 
   南方遺跡(岡山県岡山市)出土 
   弥生時代中期 岡山市教育委員会
下:《広口壺形土器》 
   船橋遺跡(大阪府柏原市・藤井寺市)出土 
   弥生時代中期 大阪府教育庁・大阪府立弥生文化博物館
展覧会詳細ページへ
テーマ展

次回のテーマ展が決定次第、掲載いたします。

これまでの展覧会

当館で開催した展覧会の開催履歴です。

これまでの特別展一覧はこちら

これまでのテーマ展一覧はこちら

図録のご案内

今展覧会図録・リーフレットをご紹介しています。また、在庫のある図録は販売しております。