土と語る、森の中の美術館 兵庫陶芸美術館 The Museum of Ceramic Art, Hyogo

展覧会情報

会期:2018年6月9日(土)~9月9日(日)

テーマ展丹波の民藝 生田和孝の陶業


大正末頃、思想家の柳宗悦(1889~1961)は、その土地に根付く無名の職人の手によって生み出された暮らしのための実用品の中に、用に即することで生まれる健やかな美しさを見出し、新しい美の概念を提唱しました。そして、大正14年(1925)、陶芸家の河井寬次郎(1890~1966)、濱田庄司(1894~1978)とともに、「民衆的工藝」の省略として「民藝」という言葉を作り出し、その新しい概念を普及するべく、「民藝運動」を推進しました。「手仕事の復権」、「用の美」を謳った民藝運動は、やがて日本各地に残る工芸品の保存と活性化を促し、その精神は、現在に至るまで、あらゆるものづくりに大きな影響を与えています。

鳥取県東伯郡北栄町に生まれた陶芸家の生田和孝(1927~1982)は、戦後、京都の河井の内弟子として修業を積んだ後、日常生活に用いる器の制作を通じて、「用の美」を追求することを決意し、昭和31年(1956)、丹波焼で知られる兵庫県篠山市今田町に移り住みました。丹波焼の陶技を学び、昭和34年(1959)に自らの窯を築いて独立を果たすと、面取と鎬手という二つの技法を主軸に、丹波の雑木を原料とする土灰、郷里の鳥取から取り寄せた籾殻灰を加えた糠釉、飴釉、黒釉などの釉薬を駆使し、民藝の精神を体現するような、力強くも温かい、独自の作風を確立していきました。先人の技から学び、自然からもたらされる限られた素材を用いて、厳しく自らの作陶を追求する生田の姿勢は、やがて自己の表現へと高められた堂々たる造形性を示すものを生みだし、昭和50年(1975)、第3回日本陶芸展で優秀作品賞・文部大臣賞を受賞するなど、高い評価を得ました。昭和57年(1982)、惜しくも55歳で生田は逝去しますが、その制作スタイルと精神は脈々と受け継がれ、生田が育んだ民藝の一系譜として、今も丹波に息づいています。

本展では、昭和40年代に生田の知遇を得、親交を深めた一人のコレクターによる収集作品を通して、その幅広い作品の魅力に迫ります。

概要

展覧会名 丹波の民藝 生田和孝の陶業
The MINGEI of Tamba : The life and work of Ikuta Kazutaka
会期 2018年6月9日(土)~9月9日(日)
休館日 月曜日
※ただし、7月16日(月・祝)は開館し、7月17日(火)は休館
開館時間 午前10時~午後6時
ただし、7月~8月の土・日曜日は午前9時半~午後7時
※入館はいずれも閉館の30分前まで
出品点数 約76件
会場 兵庫陶芸美術館 展示棟B1 展示室1
観覧料

*同時開催中の特別展の料金に含まれます。(特別展開催期間中はテーマ展のみをご覧いただくことはできません。)

*7月12日(木)~16日(月・祝)の5日間は「県政150周年記念県立美術館博物館無料開放事業」により入館料が無料になります。

*尚、本展のみの開催期間の前売券はありません。

*高校生以下 無料。

*70歳以上の方は半額になります。

*障害のある方は半額、その介助者1名は無料になります。

*17時以降に観覧される場合には、夜間割引料金になります。

 

・Theme Exhibition’s admission fee is included in Special Exhibition held at the same time.

・  From July 12 (Thu.) to Jluy 16(Mon.) admission free

 ・Group : 20 or more people.

 ・Free admission for  High / Junior high / Elementary school students and Preschool-age children.

 ・Half price for visitors aged 70 or older. (Show identification proving your age)

 ・Half price for visitors with disabilities, and free admission for one accompanying person.
   (Show identification notebook for the disabled)

 ・Evening: from 5:00 p.m.


主催
兵庫陶芸美術館、丹波新聞社

主な出品作品

1. 生田和孝 糠釉墨流四方瓶 (1962~69年) 個人蔵

2. 生田和孝 海鼠釉面取壺 (1965年) 個人蔵

3. 生田和孝 海鼠釉面取鉢 (1980年) 個人蔵

4. 生田和孝 糠釉鎬大鉢 (1979年) 個人蔵

5. 生田和孝 飴釉扁壺 (1961年) 個人蔵

6. 生田和孝 柿釉面取土瓶 (1975年) 個人蔵

関連企画

座談会『生田和孝という人 ―愛弟子が語る師の想い出―』

  • 日時:2018年8月4日(土)13時30分~15時
  • 講師:清水俊彦氏(陶芸家/俊彦窯)・柴田雅章氏(陶芸家)
  • 場所:兵庫陶芸美術館研修棟1 階セミナー室
  • 定員:110名(先着順。事前申込制。電話・FAXからもお申し込みいただけます。)
  • 参加費:無料(ただし観覧券が必要)
詳細はこちら
詳細はこちら(PDF)

当館学芸員によるギャラリートーク

6月17日(日)、7月1日(日)、7月29日(日)、8月12日(日)、9月9日(日)
いずれも11時より (観覧券が必要です)

図録

297×210mm(A4版)  8ページ   ¥(税込)

※本展をご覧いただいた方、先着2000名様に無料配布。


同時開催

特別展:県政150周年記念事業 「ひょうごのやきもの150年―技・匠からアート・個性へ―」

2018年6月9日(土)~9月9日(日)

展覧会詳細ページへ
テーマ展:丹波焼の世界 season2

2018年5月23日(水)~2019年3月24日(日)

展覧会詳細ページへ