土と語る、森の中の美術館 兵庫陶芸美術館 The Museum of Ceramic Art, Hyogo

展覧会情報

会期:2020年1月2日(木)~2月16日(日)

特別展兵庫陶芸美術館 開館15周年記念特別展「TAMBA NOW⁺ 2020 ―丹波の現在、明日のやきものを求めて―」


 日本六古窯の一つとして2017年に日本遺産に認定された丹波焼は、丹波篠山市今田町を中心に平安時代末期以降、時代の求めに応じて変化しながら約800年にわたり作り続けられてきたやきものです。江戸時代後期には、篠山城下で王地山焼の青磁や染付も生産されました。これらの伝統・風土のなか、現在この地では、伝統的な技法へのこだわりをもつ者、それを取り入れながらも独自の造形を追求する者、さらには、まったく自由な発想で創作をする者が活動しています。そうした個性豊かな作家らによって、花器や茶器、食器類に加え、造形的な作品など、多種多彩なやきものが生み出され、多くの人を魅了しています。
 兵庫陶芸美術館は、開館10周年にあたる2015年にテーマ展「TAMBA NOW -いま、丹波で活躍する作家たち-」を開催し、今田町立杭を中心とする丹波焼の里で活躍する作家を広く紹介しました。15周年を迎える2020年、その第二弾として、丹波篠山市を制作の場として作陶する作家にまで拡げ、総勢88名の作家をご紹介します。作陶に挑む彼らの今の姿と彼らの手によって生み出される可能性を秘めたやきものの未来を、出品作品をとおしてご覧いただきます。

出品作家

あさうみまゆみ/幾田晴子/市野悦夫/市野和俊/市野勝磯/市野公子/市野清治/市野元祥/市野健太/市野元和/
市野晃司/市野茂子/市野秀作/市野信水/市野大輔/市野達也/市野太郎/市野ちさと/市野哲次/市野年成/市野年彦/
市野信行/市野英一/市野秀之/市野弘明/市野雅利/市野雅彦/市野正大/市野 勝/市野麻由子/市野吉記/伊藤岱玲/
伊藤花青/今西公彦/上中剛司/馬川祐輔/大上磯松/大上伊代/大上晃司/大上 巧/大上雅司/大上 恵/大上裕樹/
大上 裕/大上喜仁/大西邦彦/大西誠一/大西文博/大西雅文/大西保宏/音喜多美歩/加古勝己/北村圭泉/栗田荘平/
児玉玲央奈/柴田雅章/清水昌義/清水一二/清水圭一/清水 剛/清水忠義/清水千代市/清水俊彦/清水豊和/
清水万佐年/清水義久/正元豊一/正元直作/正元凡斉/正元容子/杉原彰二/杉原伸一/杉山泰平/鈴木久晴/竹内保史/
田中 聡/徳尾光枝/仲岡信人/西端 正/西端春奈/野村豪人/畠 賢/ピーター ハーモン/平山元康/松本 格/松本 強/
森本芳弘/李 壽英(五十音順)(都合により変更となる可能性があります)

概要

展覧会名 TAMBA NOW⁺ 2020 ―丹波の現在、明日のやきものを求めて―
会期 2020年1月2日(木)~2月16日(日)
休館日 月曜日 
ただし、1月13日(月・祝)は開館し、1月14日(火)は休館
開館時間 10:00~18:00
※入館は閉館の30分前まで
出品点数 88件
会場 兵庫陶芸美術館 展示棟 展示室1・2・4
観覧料
  個人
Individual
団体
Group
夜間(17:00~)
Evening
一般
Adult
¥600 ¥500 ¥300
大学生
University/College
¥500 ¥400 ¥250

・高校生以下は無料です。

・20名以上の場合は団体割引料金になります。

・70歳以上の方は半額になります。

・障害のある方は75%割引、その介助者1名は無料になります。

・17:00以降に観覧される場合は夜間割引料金になります。

・特別割引はローソンチケット・ミニストップ(Lコード53180)、ファミリーマート(店内設置のFamiポートより)で2月15日(土)まで販売しています。

 

・Free admission for  High / Junior high / Elementary school students and Preschool-age children.

・Group : 20 or more people.(Show identification notebook for the disabled)

・Half price for visitors aged 70 or older. (Show identification proving your age)

・Discount admission for one with  disabilities, and free admission for one caregiver. (Show identification notebook for the disabled)

・Evening discount admission: from 17:00.

・Discount tickets are available through Lawson Tickets (Lawson and Mini-stop, L code: 53180),  Fami port (Family Mart). (These service are only available in Japanese.)


主催
兵庫陶芸美術館、神戸新聞社
後援
兵庫県、兵庫県教育委員会、丹波篠山市、丹波篠山市教育委員会、丹波市、丹波市教育委員会、公益財団法人 兵庫県芸術文化協会、公益財団法人 兵庫県国際交流協会
協力
丹波立杭陶磁器協同組合

主な出品作品

  1. 西端 正《甌穴シリーズ 凹器》2019年
  2. 市野元和《丹波灰釉扁壺》2018年
  3. 清水俊彦《糠釉壺》2014年
  4. 市野秀之《彩泥線象嵌花器》2016年
  5. 柴田雅章《飴釉スリップウェア大鉢》2016年
  6. 大上伊代《騎狆童子》2017年
  7. 今西公彦《丹波大壺》2018年
  8. ピーター ハーモン《青白磁菱形流れ文六角合子》2017年
  9. 清水万佐年《蛇〆瓶子花生》2018年
  10. 加古勝己《飾陶》2019年
    ※作品の所蔵はすべて個人蔵

関連企画

兵庫陶芸美術館 開館15周年記念特別展「TAMBA NOW⁺ 2020」関連ワークショップ「楽焼絵付とお抹茶体験」

  • 日時:2020年1月26日(日)10:00~16:00 ※楽焼焼成時間等によっては終了時間が早くなる場合もあります。
  • 場所:兵庫陶芸美術館 工房/展示棟/茶室「玄庵」
  • 定員:16名(事前申込制・募集多数の場合は抽選 ※結果は郵送)高校生以上対象
  • 参加費:3,500円
詳細はこちら
詳細はこちら(PDF)
WEB申込はこちら

親子で楽しむ星空鑑賞会 ―丹波ノムコウ―

  • 日時:2020年2月1日(土)16:00~19:00
  • 講師:小関高明氏(関西モバイルプラネタリウム代表)
  • 場所:当館研修棟1Fセミナー室、 エントランス棟2Fレストランウッドデッキ
  • 定員:50名(事前申込制・先着順) ※小学生以下のお子様は保護者の方とご一緒にお申込みください。
  • 参加費:一般300円・大学生250円・高校生以下無料(展覧会鑑賞券付)
詳細はこちら
詳細はこちら(PDF)

◆ギャラリートーク(出品作家による作品解説)

[日時]1月11日(土)、1月25日(土)、2月1日(土)、2月8日(土)、2月15日(土)

各日2回 いずれも11:00と13:30より

1時間から1時間半程度(※本展観覧券が必要です)

※担当する出品作家の日程はホームページから改めてお知らせします。

同時開催

テーマ展:2019年度著名作家招聘事業×テーマ展 「神農巌展 ―堆磁 生命の根源、そして祈り」

2020年1月2日(木)~2月16日(日)

展覧会詳細ページへ
テーマ展:丹波焼の世界 season3

2019年3月27日(水)~2020年3月22日(日)

展覧会詳細ページへ