現在位置: HOME > 施設紹介

【概要】

「兵庫陶芸美術館」は、全県的な陶芸文化の振興を図るとともに、陶磁器を通した人々の交流を深めることを目的として整備されました。

古陶磁や現代陶芸の展示、資料収集保存、調査研究といった美術館事業はもとより、次世代の陶芸文化を担う人材の養成、学校等との連携、陶芸ワーク ショップや陶芸文化講座等の創作・学習事業を行うほか、地域の文化資源や豊かな自然環境をいかしたエコミュージアム的環境を創出することを目指しています。

【所在地】

住   所

〒669-2135 兵庫県篠山市今田町上立杭4

電   話

079-597-3961

F A X

079-597-3967



【主な業務内容】

美術館・博物館事業

・陶芸美術品等の収集・保管事業 ・展覧会事業(古陶磁器〜現代世界陶芸) ・学術調査及び研究事業 
・情報収集発信事業

交流・人材養成事業

・人材養成事業(技術専門研修事業、著名作家招聘〈しょうへい〉事業等) ・創作・学習事業(陶芸ワークショップ、陶芸文化講座等) ・学社連携事業(学校等との連携、学習プログラム及び実習教材等の開発等)

その他の事業

・セミナー室、談話室、工房の貸館事業 ・イベント等交流事業  ・地域活性化事業


【施設紹介】


■ 展示棟

エントランス棟3階からアプローチできる展示棟には、1階に2室、2階に2室、B1階に1室、合計5室の「展示室」があります。

これらの展示室では、幅広く内外の陶芸作品を紹介する「特別展」と、丹波焼や県内産陶磁器をはじめとする1,700点余りのコレクションを紹介する「テーマ展」を開催します。

■ エントランス棟

兵庫陶芸美術館の入口です。

1階の向かって左には「インフォメーションコーナー(チケットブース)」が、また右には、創作活動のための「工房」があります。工房には、土練機や電動ロクロ、電気窯、ガス窯などの設備があります。

2階には「展望デッキ」、カフェ「カフェ ピアンティーナ」があります。

広々とした展望デッキからは、和田寺山(わでんじさん)を背景に、窯元群が立ち並ぶ丹波焼の里の全景を見渡すことができます。


■ 研修棟

瓦屋根と漆喰壁からなる他棟とは趣の異なる建物が「研修棟」です。すりガラスは和障子をイメージしています。アプローチは、エントランス棟の右手の2階からです。

1階にある「セミナー室」では、展覧会や陶芸に関する講演会、レクチャー等の普及教育事業を実施するほか、各種創作活動の発表にも使用できます。

2階の「談話室」は、少人数の会議等に使用できます。

 ・ セミナー室(1階) 定員72名
        (移動椅子使用時120名)

  ・ 談話室(2階)   定員20名


■ 管理棟

レファレンスルーム、コミュニティギャラリーをはじめ、館長室、副館長室、学芸員室、事務室、守衛室等があります。

 ・ レファレンスルーム(美術館図書室)
     要事前申込み
     陶芸関係専門図書等
     開館 水、木、金、土曜日
     10時〜12時、1〜4時

 ・ コミュニティギャラリー(展示スペース)
     要事前申込み
     利用期間 10日以内
     利用時間 10時〜17時


■ 茶室(玄庵)

美術館の南隅に静かに佇む茶室です。

8畳の茶室と立礼席を備え、本格的な茶会の開催のほか、丹波焼の茶器による「呈茶サービス」も実施しています。お気軽にご利用ください。

  ・「呈茶サービス」 立礼18席

 施設の配置図はこちら(施設配置図・PDFファイル・309KB)

Copyright (C) 2012 The Museum of Ceramic Art, Hyogo. All Rights Reserved.