土と語る、森の中の美術館 兵庫陶芸美術館 The Museum of Ceramic Art, Hyogo

講座・ワークショップ

登録日:2018年9月21日
平成30年度技術専門講座

丹波立杭焼伝統工芸士に学ぶ! ―しのぎ(鎬)技法に挑戦―

 丹波立杭焼伝統工芸士から技を学んでみませんか。

 

今回は、電動ロクロを使って、カップ&ソーサー(2セット)と好きな器1点を制作し、しのぎ(鎬)技法を用いて模様を施します。

 

※しのぎ(鎬)とは

丹波焼の装飾的技法のひとつ。半乾きの素地の表面を帯状に削り取り、境目の鎬文(稜線)を際立たせる装飾技法です。

 

※本講座の対象は、陶芸中級~上級者で電動ロクロによる作陶ができる方です。

 

■お問合せ・お申し込み先:企画・事業課

 TEL 079-597-3961

 FAX 079-597-3967

  • 開催日時
    2018年11月17日(土)~12月16日(日)全6日間
        各日10:00~16:00、最終日のみ10:00~12:00
  • 講師
    丹波立杭焼伝統工芸士 清水 昌義氏(丹京窯)
  • 場所
    兵庫陶芸美術館 工房
  • 定員
    20名(事前申込み制・応募者多数の場合は抽選 ※結果は郵送)
  • 参加費
    18,000円
  • 申込〆切
    2018年10月25日(木)16時必着

戻る