土と語る、森の中の美術館 兵庫陶芸美術館 The Museum of Ceramic Art, Hyogo

展覧会情報

会期:2020年12月12日(土)~2021年2月21日(日)

テーマ展2020年度著名作家招聘事業×テーマ展 「植松永次展-土と火」

《森のダンス(部分)》 2016 撮影:安藤郁子

 兵庫陶芸美術館では、国内外で活躍する著名な作家を招聘し、若き作り手たちに刺激を与えるとともに、幅広い人々により深く陶芸に親しんでいただくため、2006年より「著名作家招聘事業」を実施しています。第15回となる今回は、土と火を素材としながら、彫刻にも、陶芸にも括りきれないような独創的な作風により、現代美術の領域からも注目を集めている作家・植松永次氏(1949- )をお迎えします。
 兵庫県神戸市に生まれた植松氏は、1970年代初め頃、東京の専門学校で油絵やドローイングを学びますが、やがて、自然の材質に惹かれ、より根源的な造形を求めていくうちに、大地とじかに繋がる「土」という素材に魅力を感じるようになりました。そして、「何かを作るとか、表現する事ではなく、土を手に、押したり叩いたりして、手と目で土の表情を感じ、質を確かめる」という行為から、自ずと生まれ出ずるかたちをテーマに制作を始めました。
 1975年に滋賀県甲賀市信楽町に移住し、製陶工場で勤務する傍ら、自らの創作活動を深めていきますが、1981年より野焼きを始め、1982年に三重県伊賀市丸柱に住居と仕事場を構えて、薪と灯油併用の窯を築きました。そして、周囲を森林に囲まれた豊かな自然の中で、様々な土の表情を引き出し、作域を広げていきました。
 植松氏の作品には、いつも印象的な言葉が添えられます。それは、植松氏の世界観を表わすものです。飄々(ひょうひょう)と、しかし、鋭い視線で世界を見つめながら、今、自身が拠って立つ場所で、周囲の自然と呼吸を合わせながら生きていくこと。そして、そこで見たり、聞いたり、感じたりしたものを、土と言葉とでささやかに創出していくのが、植松氏の創造の世界なのです。
 本展では、そのユニークな土との対話方法から、「土で表現すること」の意味を再考し、その新たな可能性を示唆するところを探ります。

作家プロフィール

植松 永次
Eiji Uematsu

1949 兵庫県神戸市に生まれる
1972 土の質を確かめる事からレリーフを創り、その後、東京でやきものの仕事を始める
1975 滋賀県甲賀市信楽町に入り、製陶工場勤務の傍ら、自らの制作を続ける
1982 三重県伊賀市丸柱に住居と仕事場を移し、薪と灯油併用の窯を焚き、野焼きも含め、作域を広げる
1996 滋賀県立陶芸の森アーティスト・イン・レジデンスのゲストアーティストとして制作
2007 植松永次 陶芸展 土の形(伊丹市工芸センター、兵庫)
2009 植松永次展 土・火-根源へ(小海町高原美術館、長野)
2015 第10回パラミタ陶芸大賞展(パラミタミュージアム、三重)
2016 植松永次展 兎のみた空(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)
    革新の工芸―“伝統と前衛”― そして現代(東京国立近代美術館工芸館)

概要

展覧会名 植松永次展-土と火
Eiji Uematsu ―Soil and Fire
会期 2020年12月12日(土)~2021年2月21日(日)
休館日 月曜日、12月31日(木)、1月1日(金・祝)
※ただし、1月11日(月・祝)は開館し、1月12日(火)は休館
開館時間 10:00~18:00  ※入館は閉館の30分前まで
出品点数 18件
会場 兵庫陶芸美術館 展示室5
観覧料
  個人
Individual
団体
Group
夜間(17:00~)
Evening
一般
Adult
¥600 ¥500 ¥300
大学生
University/College
¥500 ¥400 ¥250

同時開催中の特別展「ひょうごゆかりの古陶磁-丹波焼・三田焼・王地山焼-」( 2020年12月12日(土)~2月21日(日))の料金に含まれます。
(本展のみをご覧いただくことはできません。)

・本展のみの観覧券はありません。

・高校生以下は無料です。

・20名以上の場合は団体割引料金になります。

・70歳以上の方は半額になります。

・障害のある方は75%割引、その介助者1名は無料になります。

・17:00以降に観覧される場合は夜間割引料金になります。

・Theme Exhibition’s admission fee is included in Special Exhibition held at the same time.

・Free admission for  High / Junior high / Elementary school students and Preschool-age children.

・Group : 20 or more people.(Show identification notebook for the disabled)

・Half price for visitors aged 70 or older. (Show identification proving your age)

・Discount admission for one with  disabilities, and free admission for one caregiver. (Show identification notebook for the disabled)

・Evening discount admission: from 17:00.


主催
兵庫陶芸美術館、丹波新聞社

主な出品作品

1. 《痕跡の入れもの》 1975

2. 《子供の好きな時間》 1987

3. 《収穫》 1988

4. 《土塁》 1988

5. 《空から》 1998

6. 《ひょうたん》 1993

 所蔵はすべて個人蔵

関連企画

植松永次氏によるアーティスト・トーク(展示解説)

  • 日時:2020年12月20日(日)11:00~12:00
  • 講師:造形作家 植松 永次 氏
  • 場所:当館展示棟2F 展示室5「植松永次展」
  • 参加費:無料(事前申込不要。ただし参加には観覧券が必要)
詳細はこちら

植松永次ワークショップ(野焼き焼成)

  • 日時:2020年12月20日(日)13:00~15:00(成形・作品づくり) 2021年1月31日(日)10:00~15:00(野焼き焼成) 全 2日間
  • 講師:造形作家 植松 永次 氏
  • 場所:当館エントランス棟1階 工房等
  • 定員:15名(事前申込制・応募者多数の場合は抽選 ※結果は郵送) 土と火・陶芸に興味がある方(※2日間とも参加できる方) 原則、高校生以上(小中学生が参加する場合は保護者同伴に限る)
  • 参加費:3,000円
詳細はこちら
詳細はこちら(PDF)
WEB申込はこちら

◆当館学芸員によるギャラリートーク

2021年1月17日(日)、2月14日(日)、2月21日(日)

いずれも11:00より(観覧券が必要です)

※新型コロナウイルス感染拡大等によって変更・中止となる場合があります。

同時開催

特別展:「ひょうごゆかりの古陶磁-丹波焼・三田焼・王地山焼-」

2020年12月12日(土)~2021年2月21日(日)

展覧会詳細ページへ
テーマ展:丹波焼の世界 season4

2020年3月25日(水)~2021年2月28日(日)

展覧会詳細ページへ